前へ
次へ

営業系の職種から社長になる方は多い

企業のトップは、もちろん社長です。
代表取締役という表現が使われる事もありますが、企業の一番トップである事は間違いありません。
ところで社長の出身職種は、とても多彩です。
IT関連の技術職から社長になっているケースもあれば、営業系というケースもあります。
職種は多彩ですが、実は社長になる方々の出身職種で一番多いのは、営業系というデータもあります。
若い頃は営業系の仕事に励んでいて、キャリアを積んで社長になるというケースが多々ある訳です。
つまり、それが営業系で転職をするメリットの1つです。
人によっては、将来的には社長になりたいというニーズを抱えています。
その場合、上述の技術職も悪くありませんが、むしろ営業系という職種で検討してみる方が良いでしょう。
その職種であれば、将来的には独立開業できる確率も高いと見込まれるからです。
また営業系という仕事は、収入もかなり高めです。
独立開業した後は色々お金も必要ですし、営業系の仕事で予算を稼いでおくと良いでしょう。

Page Top